快削黄銅は加工しやすく多様性も抜群!仏具などにも使われている

快削黄銅の加工は専門業者に依頼しよう

快削黄銅(C3604:銅57%~61%、鉛1.8%~3.7%、鉄0.05%以下、鉄+錫1%以下、残り亜鉛)は、六四黄銅(C2801:銅60%、亜鉛40%)に鉛をプラスすることで、簡単に削ることができる切削性や、引っ張りに強い展延性などの特性がある黄銅です。読んで字のごとく、削りやすく加工しやすい快削黄銅は、主にボトル、ネジ、ビスなどとして製品化されています。快削黄銅などの黄銅は、真鍮とも呼ばれますが、亜鉛と銅の合金である真鍮は、安価で扱いやすいことから、古くから日本人の生活に馴染み深い金属材料でした。金色に輝くことから、さまざまな工芸品やアクセサリー、花立、香炉、灯立、茶器、仏飯器、線香差、おりんなどの仏具、古くは金の代用品や真鍮製の寛永通宝、面白いところでは時代劇用の偽小判にも使われており、最も身近にあって今も日本人の生活に最も密接なのが五円硬貨です。切断、曲げ、絞り、プレス、溶接、切削など、さまざまな加工方法にも適し、対応ができる金属材料の黄銅。多くの加工業者では、そのニーズに合わせて独自の加工機材やノウハウを駆使して、細かなオーダーにも対応ができるような体制を取っています。費用や納期など不明な点については、専門業者に問い合わせすることをお勧めします。

多用性のある金属材料快削黄銅とは

銅と亜鉛の合金である黄銅は、真鍮とも呼ばれている身近な金属材料です。加工のしやすい真鍮の中には、切削加工が容易な特性の快削黄銅をはじめとして、丹銅や黄銅などがあり、5円玉硬貨などさまざまな物に使用されている金属材料です。快削黄銅に限らず、真鍮はアクスサリーや工芸品、工業部品、機械部品、電子部品などにも利用されていますが、身近なものでは仏具があります。もともと快削黄銅のような黄銅は金色に輝く美しい金属ということもあって安価な金、貧乏人の金とも呼ばれていました。持ってみれば軽いものの、遠目には金と見紛うので、時代劇などの小判など小道具にも使われていますが、金色は仏具にふさわしいこともあり、おりんはもちろんのこと、火立て、花立て、香炉、茶湯器、仏飯器、高杯、常花、灯籠、瓔珞、見台、輪灯、供笥、火舎香炉など、さまざまな種類の仏具として製品化されています。これらの仏具は、真鍮ならではのお手入れにコツがあり、定期的にこまめな仏具磨きが必要ですが、経年とともに味わい深い色へと変化していくところも真鍮良さでもあります。仏具にも電子部品にも使われる黄銅は、安価でありながら多用性もある有用な金属材料として注目されています。

小判や仏具に使われていた「快削黄銅」とは?

「快削黄銅」という金属材料とは、黄銅に鉛を加えたものです。「真鍮」とも呼ばれています。古くから親しまれてきた金属であり、強度・展延性が高いため扱いやすい材質で、小判や仏具に使用され、磨くと美しい金色の光沢を放つのが大きな特徴です。現在では、五円玉、トイレのパーツ、鉄道模型の素材等に使用されます。快削黄銅は、切削加工しやすいのが特徴で、小力で切削することが出来る上、作業屑も少量で簡単に切り離すことができる為、繊細な加工が必要な歯車やねじの素材に使用されます。高い殺菌効果を持つ事で、ドアノブ等にも使用されます。電気伝導性が高く、電気伝導率が銀の次に高く、電流が流れやすく、コネクターやコンセントといった接続器などの素材として使用されています。添加元素の割合によって性質が異なり、元素が分類されます。C3602とC3604も、両方とも快削黄銅で、銅と亜鉛の割合が異なる事で、切削加工しやすいことから、緻密な切削加工が求められる機械部品等に使用されます。そのような快削黄銅ですが、適切に加工するには充分な技術が求められる為、品質の高い物を求める方は、加工メーカー選びが重要となってくるので、参考にして下さい。

線香をお供えする

高性能かつデザインもお洒落?銅の金属材料を使った調理器具の魅力

お洒落なライフスタイルを目指しているご家庭などでは、フライパンや鍋などをキッチンの壁に吊るして使用することがあります。インテリア感覚で並べることで、素敵なキッチンスペースを演出できます。そんな場所に並べる場合は、調理器具もこだわりを持って選びたいものです。インテリア雑誌などでもそんな光景でよく見かける調理器具は、金属材料が銅でできているフライパンや鍋です。 銅の飴色の鍋底が壁に大小並んでいるだけで、お洒落に見えます。よく見かけるアルミニウムなどの金属材料では、オシャレに見えないかもしれません。色合いに高級感も感じられ、調理器具にこだわりたい方々にも選ばれています。銅の金属材料の調理器具はデザイン的に魅力がありますが、それ以上に嬉しいのがその性能の高さです。銅が調理器具に使…

銅を合金化するとさらに優れた金属材料が完成する

私達の生活に欠かせない金属材料のひとつある銅は古くから用いられてきた歴史を持ちます。伝熱性や伝導性など優れた特徴を持つ銅は他の金属に比べても実用性が高く、今日の社会生活を支えていると言っても過言ではありません。 銅は優れた特徴を持つと同時に欠点も持ち合わせています。特に銅は劣化に対する耐性が低く過酷な環境下で使用するには不向きです。外部の影響により腐食してしまうため耐久性についてもしっかりと対策をしないとあっという間にダメになってしまいます。 多くの弱点を持つ銅ですが金属材料としての有用性をいかすために長年研究が続けられてきました。銅の研究の歴史は人類と金属材料の歴史と言っても過言ではないほど古く、鉄と並んで最も古くから活用されてきた金属材料のひとつです。…

美術工芸の分野で使われる銅などの金属材料

金属材料と言えば建設現場や工場で使われるというイメージもありますが、美術や工芸の領域でもよく使われています。特に銅板は版画の分野でも使われることが多く、高校などの美術の授業で使われる金属材料としても非常になじみ深いものです。また金属の光沢に魅力を感じた人は、美術や工芸について学べる教室に通っています。教室では彫金や版画について学ぶことも可能であり、完成した作品を展覧会に出品している人たちもいます。また金属材料を活用したアーティストを目指す場合には、美術系の専門学校や大学に進学する方法もあります。金属を使った美術工芸について学べる学科も多く、卒業後は大学に残って教員になることも可能です。そして将来的に独立を目指す若者は、専門学校で金属を使ったアクセサリーの製作について学んでいます。銅や貴…

真鍮製のアクセサリーの元になっている金属材料は銅

定価格のアクセサリーの中には、真鍮の金属材料が使われているものをよく見かけます。金色の色が特徴的で、アンティーク品でも真鍮製のものをよく見かけます。また金管楽器にも使用されています。真鍮は黄銅とも呼ばれていることからも分かるように、元の金属材料は銅と亜鉛です。銅は加工がしやすいという特徴があり、アクセサリーや管楽器などの金属材料に適しているようです。また管楽器として真鍮が選ばれている理由は、音の響きも考慮して選ばれています。 銅が素材に含まれていることから、真鍮の製品は時間による酸化が起きやすい特徴があります。酸化により黒ずみが出るため、アクセサリー類などは磨くことで長く愛用できます。銅の金属性質を真鍮も受け継いでおり、その特性は身近な5円玉で馴染み深いでしょう。5円玉硬…